食品循環資源の再生利用等実態調査報告 平成15年 - 農林水産省統計部

農林水産省統計部 食品循環資源の再生利用等実態調査報告

Add: ohumihu36 - Date: 2020-12-07 10:07:53 - Views: 4242 - Clicks: 5898

本調査は、世帯や外食産業における食品ロスの実態や食品産業における食品廃棄物の発生状況を調査し、世帯、外食産業における食品使用量、食品ロス(食べ残し)量、食品ロス率、食品製造業、食品卸売業、食品小売業、外食産業における食品廃棄物等の年間発生量、発生抑制量、減量、再生. 資料:農林水産省食料産業局資料(平成25年度~平成28年度) 注:1 平成25年度及び29年度は農林水産省統計部「食品循環資源の再生利用等実態調査」と食品リサイクル 法の定期報告を用いて推計したものである。. ショクヒン ジュンカン シゲン ノ サイセイ リヨウ トウ ジッタイ チョウサ ホウコク. 食品ロス統計調査 食品循環資源の再利用等実態調査票(食品卸売業・食品小 売業) 農林水産大臣 No. 資料:「食品循環資源の再生利用等実態調査報告」(農林水産省統計部) 食品廃棄物の年間発生量の推移 (2)食品関連事業者における食品廃棄物 の発生状況 食品リサイクル法が施行された平成13 年度から16年度までの推移をみると、食. 本・情報誌『食品循環資源の再生利用等実態調査報告 平成15年』農林水産省統計部のレンタル・通販・在庫検索。最新刊やあらすじ(ネタバレ含)評価・感想。.

の食品循環資源の再生利用等の実施率の推移を眺め たものである.一定の品質の食品循環資源が安定的 に排出される食品製造業における再生利用率は76% (平成18年)で,全体平均を大きく上回る一方,食 品循環資源の発生元として過半のシェアを占める食. 生利用等実態調査報告(平成22年度実績〈推計〉)」(農林水産省統計部) 「平成21年度食品 ロス統計調査」(農林水産省統計部) 「一般廃棄物の排出及び処理状況、産業廃棄物の排出及 び処理状況等」(平成22年度実績、環境省試算)を基に食料産業局に. 農林水産省統計情報部 編 農林統計協会,. 資料:「平成15年食品循環資源の再生利用等実態調査報告」農林水産省統計部より計算。 注 :計と内訳が一致しない場合があるのは、四捨五入のためである。 年 間 再生利 発生量 用等の 発生 減量化 再生 (万t) 実施率 抑制 (%) 利用 油脂及び. 1-平成13年 (平13)-タイトル読み. 本フードサービス協会の協力を得て、外食産業における食品ロスの実態調査を実 施予定 ⇒ 平成30. (平成19年食品循環資源の再生利用等実態調査結果) 消費者1人あたりの食品廃棄量の推算 • 食料消費の状況を示す指標として、農林水産省「食料需給表」の供給熱.

表 2 統計表 食品廃棄物等の年間発生量100t未満の事業所の集計結果 食品廃棄物等を食品循環資源として再生利用した用途別実施量(平成25年度). 食品リサイクルに関する事例調査(平成23年度) (平成25年6 月14日公表) 利用者のために(PDF:145KB) 統計表(エクセル:62KB). 1- 平成13年 平成14年 平成15年 平成17年. 平成25年度及び29年度は農林水産省統計部「食品循環資源の再生利用等実態調査」と食品リサイクル法の定期報告を用いて推計したものである。 ただし、平成25年度の食品製造業については、食品廃棄物等の年間発生量100t未満は調査を行っていないため平成24. 27 食品ロス統計調査 食品循環資源の再利用等実態調査票(外食産業) 農林水産大臣 No. 3) 図1- 4 食品廃棄物等の発生の流れ 出典:環境省資料「食品循環資源の再生利用等実態調査報告」(農林水産省統計部)により計算 図1- 5 食品循環資源の再生利用等の実施率の推移(全国). 今回は、発生要因「顧客の食べ残し」を対象に検討。 今後の都の調査結果も踏 まえ、次回部会に.

根拠となる「食品循環資源の再生利用等の促進に関する法律(通称:食品リサイクル法、 〔抄録〕 農林水産省によると、日本の食品廃棄量は年間約1,700万トンに上り、内、本来食べられる. 食品ロスの現状等 平成25年8月 食料産業局 バイオマス循環資源課 食品産業環境 対策室 資料2 資料: 「平成22年度食料需給表」(農林水産省大臣官房) 「平成23年食品循環資源の再生利用等実態調査報告(平成22年度実績(推計))」(農林水産省統計部). 27 身体障害児・者等実態調査. 食品循環資源の再生利用等実態調査報告: 著作者等: 農林水産省大臣官房統計情報部 農林水産省大臣官房統計部: 書名ヨミ: ショクヒンジュンカンシゲンノサイセイリヨウトウジッタイチョウサホウコク : 15: 巻冊次: 平成15年: 出版元: 農林統計協会: 刊行年月. 食品循環資源の再生利用の現状 食品循環資源の飼料化状況(H17年度) 食品循環資源の再生利用等実態調査報告 平成15年 - 農林水産省統計部 (農林水産省統計部:「平成17年食品循環資源の再生利用等実態調査結果」) 食品製造業 4,946 37% 37% 27% 食品卸売 744 28% 26% 46% 食品小売業 2,629 9% 13% 78% 外食産業 3,043 3% 7% 90% 計 11,362 21% 23% 57%. (出典:食品循環資源の再生利用等実態調査報告(農林水産省統計部)) (2) リサイクル状況 リサイクル率は、製造業が80%超と高いが、食品小売業や外食産業等、川下の事業 者のリサイクル率が低い。. 独立行政法人 統計センター.

資料:・「平成24年度食料需給表」(農林水産省大臣官房) ・「食品廃棄物等の発生量及び再生利用等の内訳(平成24年度実績)」(農林水産省統計部) ・「平成26年度食品産業リサイクル状況等調査委託事業報告書」(農林水産省委託事業) c「産業廃棄物排出・処理状況調査報告書(平成19年度実績)」 環境省リサイクル対策(平成22年3月) d環境省「第1回生ごみなど3R・処理に関する検討会資料」() 平成14年度実績 e「平成19年食品循環資源の再生利用等実態調査報告」(農林水産省統計部. 食品ロス統計調査 食品ロス統計調査 確報 平成25年度食品循環資源の再生利用等実態調査報告. 農林水産省大臣官房統計部の「食品循環資源の再生利用等実態調査報告〈平成15年〉」に関しての本の基本情報ページです。 食品循環資源の再生利用等実態調査報告〈平成15年〉の内容・目次・出版社・発売日が掲載されています。. 総務省 統計研究研修所. 年10 月15 日~ 概ね20 店舗 (農林水産省統計部作成)抜粋. 資料: 「平成22年度食料需給表」(農林水産省大臣官房) 「平成23年食品循環資源の再生利用等実態調査報告(平成22年度実績(推計))」(農林水産省統計部) 「平成21年度食品ロス統計調査」(農林水産省統計部). №60 食品循環資源再生利用等促進法定着推進調査(農林水産省) ········· 508 №61 広域連携等産地競争力強化支援事業(知識集約型産業創造対策事業).

9%(厚生労働省「平成28年国民生活基礎調査」(年))。 事業系の食品ロスについて、食品循環資源の再生利用等の促進に関する基本方針(令和元年財務省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、国土. 資料:「食品廃棄物等の発生量が年間100トン以上の食品関連事業者からの定期報告結果」及び「食品循環資源の再生利用等実態調査」 による農林水産省統計部の推計結果より計算 (参考)食品リサイクル制度における取組の優先順位. 統計に関する調査研究、 国・地方公共団体職員の研修の実施等.

食品ロスの発生要因についても同様の状況にであるか確認するため、都は、日 本フードサービス協会の協力を得て、外食産業における食品ロスの実態調査を実 施予定 ⇒ 平成30 年10 月15 日~ 概ね20 店舗 (農林水産省統計部作成)抜粋. 農林水産省は、食品循環資源の再生利用等の促進に関する法律(食品リサイクル法)に基づく食品関連事業者のうち、食品廃棄物等の年間発生量. 表 3 統計表 (参考)食品産業全体の試算結果 食品廃棄物等の年間発生量、発生抑制の実施量及び再生利用等実施率(平成25年度).

資料: 「平成23年度食料需給表」(農林水産省大臣官房) 「平成24年食品循環資源の再生利用等実態調査報告(平成23年度実績(推計))」(農林水産省統計部) 「平成21年度食品ロス統計調査」(農林水産省統計部). 食品循環資源の再生利用等実態調査報告 農林水産省大臣官房統計情報部編集 農林統計協会,.

食品循環資源の再生利用等実態調査報告 平成15年 - 農林水産省統計部

email: imyfire@gmail.com - phone:(622) 429-2637 x 1600

戦艦大和の生涯 超精密「3D CG」シリーズ63 - 七田絵本シリーズ おてつだい

-> Uボート・コマンダー - ペ-タ-・クレ-マ-
-> 髪形の知性 - 宇野久夫

食品循環資源の再生利用等実態調査報告 平成15年 - 農林水産省統計部 - サンイチマル料理研究チーム 簡単レシピ クチコミ


Sitemap 1

逆引きAccess97 - 新居雅行 - 宇都宮市 ブルーマップ